消ゴム




・鉄腕アトムホワイト消ゴム









手塚プロの版権シールがついているので、アトムのテレビ放映からだいぶ後に発売されてものだと思います。
「地上最大のロボットの巻」から三点、「青騎士の巻」から一点のイラストが描かれています。

発売元のベニス社は、手塚物の文房具をいくつか発売しました。












ユニコの消しゴム




ユニコの消しゴムです。サンリオ、手塚プロの版権がついていいます。製造はRABBITというところです。この箱には、4種類合計40個の消しゴムが入っています。ちなみに売価は一個50円です。

それぞれの消しゴムには裏表にユニコとチャオが描かれています。キャラクターが描かれた消しゴムは昔からありました。手塚関係も各時代ごとにあったと思います。同じ消しゴムでも人形より実用的なので買いやすかったと思います。



(a)

(b)
   

(c)

(d)





・マジックシート付消ゴム









サンスター製のブラシ付き消しゴム。消しカスを付属のブラシで掃除できる。プラスチックのケースには、見る方向を変えると画像が変わるマジックシートが貼り付けられている。

「アトムとウラン」、「ビッグXとニーナ」がそれぞれペアになっている2種類が確認されている。両者のテレビ放映の時期を考慮すると、昭和40年前後に販売さけたものか?

もっとたくさんの種類があったと思われる。











・鉄腕アトム消ゴム




虫プロの版権がある鉄腕アトム消しゴム。

「IWADE STATIONERY CO.」という会社が販売したようだが、現在その会社があるかはわからなかった。










・W3ビッグローリー消しゴム




サンスターが販売したビッグローリー型の消しゴム。

3色の色違いがあり、運転席の部分にW3メンバーと、星真一、光一兄弟の顔が印刷された紙が入っている。

昔の子供達は学校の廊下などで転がして遊んだに違いない。



 

 
   









・鉄腕アトムドロップ消ゴム


アングル1


アングル2

サンスターが販売したドロップ消ゴム

ゴムは円筒状に成形されパッケージはお菓子のドロップに似せられている。おまけとしてプラスチックの小さなコマもついていた。これで授業中に遊べたかも?

価格は1個30円とやや高め、本物のドロップより高価だったかもしれない。