ロッテ
ポップルチョコレート



・容器(ビッグX、ジャングル大帝)


 
(1-1)   (1-2)

Fig.1

ロッテポップルチョコレートの容器と販売用ディスプレイです。
Fig.3のように店頭で売られていたのだと思います。

ポップルチョコレートは、ゼリービーンズにチョコレートがコーティングされたお菓子で今もロッテ殿から販売されているようです。形はマーブルチョコのような円盤状やもう少し球形のものなどバリエーションがあるようです。

この場合は、Fig.1のようにレオやビッグXがレリーフ状に成形された容器
にチョコが入っていたようですが、明治マーブルチョコレートのような円筒容器などもあったようです。

ディスプレイには「新発売」と書かれています。ロッテポップルチョコレートは1969年頃新発売ということですが、描かれているビッグX(1964〜1965年放映)、ジャングル大帝(1965〜1967年放映)よりだいぶ後ということになります。1969年にちょっと前のキャラクターを使ったのでしょうか、あるいは、実はポップルチョコレートの新発売が1965年頃だったのでしょうか?

  

ポップルチョコレート追加。 (2013/10/14))

下に掲載したのは、ポップルチョコレートのパッケージの蓋の部分です。(1−4)。容器はよく出てくるのですが、この蓋はなかなかありません。容器は捨てないでディスプレイとして保管するのですが、大抵蓋の部分は剥がした後で捨てちゃうからです。

ここで紹介するのはビッグXですがジャングル大帝バージョンもあったはずです。見たいですね。
0マンのリッキーも描かれています。アニメ化の企画が検討されていた頃のものかもしれません。0マンキャラが描かれているお菓子のパッケージは他に見当たりません。



(2−1)


(2−2)


(2−3)

 
(2−4)

Fig.2




・販促用吊り看板


Fig.3


Fig.4






・ポップルチョコレート円筒型容器


 
(1-1)   (1-2)

Fig.5

ロッテポップルチョコレートの円筒型容器。側面に、アトム、サファイヤ、レオが描かれている。ただし、手塚先生のタッチとは明らかに異なる。

アニメ放映の時期考慮すると、上で紹介したレリーフ型容器より後に販売されたものと思われる。売価は、レリーフ容器が50円、円筒容器が30円だった。素材の違いか?

「ミラクルキャップをあつめよう!」という文字があるが、どのようなものか不明。容器の上についていたおまけのこと?

  


(1-5)

 
(1-6)

     

(1-5)


   

Fig.6


Fig.7