明治鉄腕アトムキャラメル(2)


(20円16粒入り小箱)



・アトムキャラメル(2)





Fig.1

アトムキャラメルの別バージョン。
下で紹介したものより比較的珍しい。下の箱を前期とすると、これは後期に販売されていたものと考えている。絵も何種類かあったのだろうと思う。



(a)


(b)


Fig.2




・アトムキャラメル中箱




Fig.1

アトムキャラメルの中箱。
入れ方をいろいろ検討したが、(c)の方向にした場合は、60個入れられることを確認した。



(a)


(b)



(c)

Fig.2




・16粒入り小箱


 
(a-1)   (a-2)
 
(b-1)   (b-2)

Fig.1

アトムキャラメルの長箱タイプパッケージです。表にアトム、裏に他のキャラの絵が印刷されています。

Fig.2は、箱絵の切り抜きです。ここでは、アトム6種類、その他キャラ6種類が確認されています。

昔は、きれいな絵が描かれたタバコパッケージ、マッチ箱そしてお菓子の箱などを切り取って大切に集めている人がたくさんいました。そのようなコレクションが市場に流れて、たまに今回のようにまとめて発掘されることがあります。集めた人の想いがこもってい暖かいコレクションです。


(a)


(b)

Fig.2




・アトムフィルム




Fig.1

アトムキャラメルの長箱タイプには、アトムフィルムがおまけとして入っていました。(Fig.1ご参照)わかりにくくてすいません。現存するフィルムは退色が激しく鮮明なものが大変少ないのです。

このフィルムは、1964年に劇場アニメとして封切りされた「鉄腕アトム・宇宙の勇者」を一コマ分だけカットしたものです。この作品は、パートカラーといって一部だけカラーで製作されました。テレビの鉄腕アトムは白黒でしたので、貴重なカラーアトムでした。ただし、アトムが写っているコマは少なく、他のキャラクターや宇宙を飛ぶロケットだけが描かれているのもが多かったようです。いらないシーンの部分から流用したものが多いのでしょうか?

Fig.2は、キャラメルの内箱です。裏側に印刷されたラインどおり切り取るとスライドのフレームになります。このフレームにおまけのフィルムを組み込むと(b)のように立派なスライドができあがります。



(a)


(b)


Fig.2




・アトムスコープ



(a)


(b)

Fig.1

アトムフィルムの項に掲載したキャラメルの内箱に記載されているアトムスコープです。引き替え券を明治製菓に送るともらえました。組み立てると(b)のような素敵なスコープになります。このスコープは色違いのものか゜何種類かあったようです。

Fig.2(a)は、スライドフレームを装填した様子です。レンズをのぞいて明るいところに向けると(b)のように画像を見ることができます。

昔デパートの屋上などに、お金を入れて覗くとマンガが一コマずつ見えるしかけのスコープがよくありましたが、このスコープは自分の家で好きなだけマンガのスライドを見ることができる夢のような景品でした。



(a)


(b)

Fig.2




・アトムビー玉




Fig.1

アトムキャラメル16粒入りタイプのおまけは、フィルムが一段落した後Fig.1のように直径16mmの小さなビー玉がつけられました。

これは、半分が透明になっていて、アトムなどの絵が見えるというものです。当時はビー玉遊びが流行っていましたが、アトムビー玉はプラスチック製で軽く小さいので実戦には使えませんでした。でも、どんなものでも「おまけ」があるとうれしかったものです。

フィルムの時と同様に、アトム関係のものを集めているうちに結構増えてきたので(Fig.2ご参照)、次回以降別コーナーで詳しく紹介していきます。




Fig.2